2006年 03月 06日
焼物紹介(自分の作品がなかなか出来ないため・・・笑)
b0026904_16505717.jpg


これは島根県・安来の「錦山焼」
1昨年母と足立美術館へ行った帰りに窯元へ立寄った。
せっかく安来まで来たからと、記念にこれを買った。
母はここの焼物が好きで、とても素敵な花瓶を持っている。

「錦山焼」
安来を代表する焼物で、松平藩の御用商人油屋宗右衛門が始めた。
濃赤色の”辰砂釉”で有名。この赤い色↓が何とも独特で素敵だと思う。
一度やってみたいが、難しくて失敗が多い釉薬だそうだ。


b0026904_1711321.jpg


ここの窯元、河井寛次郎の遠縁にあたるとか母が言っていた。
河井寛次郎は安来の出身だし、どこか作風が似ているように思う。
ほかに呉須釉を使った素敵な作品も多かった。


もうひとつ、私の持っている出雲の焼物、粉引きのとっくり。
「寿康窯」の柳楽泰久という人の作品。いただきもの。
白い器ってなかなか好き。これはほとんど棚に飾っている。(笑)


b0026904_179411.jpg

[PR]

by laputa515 | 2006-03-06 17:10 | 陶芸


<< マクロ More・・・      広島市安佐北区周辺・・・ >>